■プロフィール

うなちょ

Author:うなちょ
うなちょのほんわか日記へようこそ

RagnarokOnlineと、PC版Minecraft++Forge+MODで
遊びつつ、片手間でWindowsのソフト作って遊んでます

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー

■リンク
■RSSフィード
■ブログ内検索

うなちょホットライン

うなちょへ直接連絡したい場合は、こちらから。
うなちょのPCメールへ着信するので、比較的
レスポンス早いかも…?(5分周期でチェック中)
※E-Mailですので、メルアドがある方のみです
※うなちょの携帯に転送する方法は、直接聞いて
  くだし。
無料アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

とりあえず、うなちょ転生記念
うなちょ転生記念という名のメモ。

だって、書いておかないと、うなちょが光ってることすら忘れそうなんだもの?

いまだに転生していないのは、単に資金不足なだけ。@100kもあれば転生できますけどね。




「うなちょが…光った…?」

「うん、光ってたよ?」

「美沙…町の中とか道中で…寝ちゃ…だめ」(なでなで

「寝てないから。普通に光ってた。あと、頭撫でるなし」


午後、ご飯食べた後は眠い。

うっつらうっつらと船を漕いでいたら、こんな会話(↑)が聞こえてきた。


「あの、稼ぐ行為が似合わないうなっちょが光ってるとなったら…」

そりゃあ見に行かないといけないね。


「兎奈…うなちょ…見世物じゃない」

「うん、大丈夫だよ、葵姉!ひっそりと見てくるから!」

「結局…見に行くんじゃない…」

「だって、あの転生と縁遠いといわんばかりのうなちょが光ってるとなったらねぇ?」

「私には…あなたが転生しているほうが…意外?」

「そう?あぬびすサマサマだよ」

「1日で廃アコを通り越してるあなたのほうがおかしい…」

まぁ、葵姉は素プリだから、そう思うのかもしれないけど…。

そして、何気に長い発言ですね、葵姉。


「まぁ、ありえないよね。しかも、転生して3次になってるとか(笑)」

「あんたも転生してんじゃん…もうすぐ3次(笑)だって」

「笑うなし。あと、賛辞よね?」(キリッ

「惨事の間違いでしょ…Lvあがらないわよ、マジで」

「Lvあげたい様な、上げたくない様な…本当に惨事ね」

私より火力のあるハイウィザードなら、すぐでしょうよ、美沙姉。


「そもそも、あの村で転生費用捻出できるのかなぁ?」

「くるっぽ(`・ω・´)」(無理です(キリッ

「だよねぇ…あとうなちょう、後でお風呂ね」

「くるっぽ!?」(ナンデスト!?

「だから、勝手に風呂にいれるなぁぁぁぁ」


まぁ、最近うな達にもあってないし、なにより、美沙姉がまた村に行って、Lovで村の雪を

吹っ飛ばしてきたらしいから、うな達がどうなってんのか見てみたい。

干からびてないかね…


「という訳で葵姉。明日にでも村行ってくるよ」

「わかった…晩飯から明後日までご飯無しね…了解」

「え?出発は明日…」

「晩からね?」(ジロッ

「…ソウデシタネ」(しくしく

さようなら…私の晩御飯(涙)。

「あーあ…葵お姉ちゃんの前で、うなちょのこと悪く言うから…」

「くるっぽ」(自業自得だな

おまえら1人+1匹、帰ってきたら熱湯風呂に突っ込む。決めた。



「は~ろぅ~、お元気かしら、まいしすたーず!」

「だれがマイシスターだって?」

「少なくとも、葵ちゃんはシスターよ?」

「いらっしゃい、みらにゃさん。ご飯まだだよ?」

この突然「俺登場!」な人は、みらにゃさん。

ちょVitStrのあるInt型のプリースト。うなっちょの初代教育係(笑)。

「教育係違うわwww」

地に突っ込まないで…。まぁ教育係というより、初めてペアした人?

避けるのが苦手だし、耐えれないので、途中で葵姉を紹介して、葵姉とうなちょペアを作り上げた張本人。

「葵ちゃんはちょうど良かったのよ。なぜか普通の回避とは言えない位避けるし」

まぁ、葵姉はLuk型だし、そりゃ避けますわね。


「で、なんで私がご飯狙ってこなきゃいけないのよ…まぁ、アタリだけどさ」

給料使い切ったか…

「自分じゃ稼げないのは知ってるでしょう?…一応支援型なんだから」

だから一緒に狩にいきましょうって誘ってるじゃないですか?

「もう隠居したから、ゆったり生活なのよ」

とりあえず、地と会話するのやめません…?

「ぇー」


「いらっしゃい…お姉ちゃん」

「やほ、葵ちゃん。元気…ねぇ、なんか怒ってない?」

「なんでも…ないよ…?」(ニコッ

「ちょっとぉぉぉぉ、誰よ葵ちゃん怒らせたのはぁぁぁぁ!?」

私の胸倉をつかんで、聞いてきた。お願い、前後に揺するのやめて…

「いやぁ…うなっちょが光ったというので、見に行こうかと…」

「OK、把握。」

なんでこれだけで把握できたのよ?



「相変わらず、把握が早いですね…本当に把握できてるか怪しいですが」(スチャッ

「ちょっと…どっから降って来るのよ」

「気にしちゃ負けです」

上から降って会話に混ざってるのは、ソウルリンカーの結命姉。

見た目ちびっこいけど、姉なのよね、この人。

「兎奈ちゃ~ん…魂ぶっこぬくわよ?」

「いやいやいやいや、なんで!?」

そもそも、魂ぶっこぬきはリンカーには無いでしょうに。

「ちっこい言うなし」

「なんでばれたし!?」

「…アタリかよ」(チッ

カマかけやがりましたよ、この姉!?

「ま、続きはWeb…でなくて、帰ってきたら、ね」

こえぇぇぇ…のかな?


「で、なんでみらにゃさんいきなり登場?」

「道を歩いていたら、『葵ちゃんのご飯は世界一ぃぃぃぃぃぃ』と叫んでるペコライダーが

 いたからね。ふと立ち寄ってみたのよ」

美里姉ェ…

街中で何を叫んでるのかしら、あの姉。恥ずかしい…


「ま、うなちょに会いに行くなら、元気にしてるって伝えておいて」

「はーい…とはいえ、会いに行くんでなくて、見にいくんですけどね」

「兎奈…?ちょっと裏に来て見ようか?」

げ、葵姉すっげぇニコニコしてる…

「ふぬぬぬぬぬぬぅぅぅぅぅ…とりゃぁぁぁぁ」(錬気孔→爆裂波動

「くるっぽぉぉぉぉぉ!?」(爆裂しただとぉおぉ!?

「残影残影残影残影(ガンッ)いてぇ残影残影残影ぇぇぇぇ」

36計逃げるにしかず。足の小指いてぇ…


ぐちゃっ

「うわ、なんか踏んだ!?」

「きゅぅ~」

きゅう?うな?

「きゅ!」|ω゚)ノ

「どうしたの?村出?」

「きゅうう?」(違うよ?

「家に来る所?」

「きゅ!」(うん!

「よく1人できたわね」

「きゅきゅきゅ」(1人でこれるもん!

「人じゃないけどね(笑」

「きゅ!きゅきゅきゅ」(いや、1人で合ってる

「なんで?どうみても1匹じゃない?」

「きゅ…きゅきゅ?」(ほら…後ろに?

「え?」

「はぁ~い、こんにちわ兎奈ちゃん。見世物が来ましたよ~?」

「うわぁぁぁぁぁぁぁ」(残影残影

いきなり背後に立つなぁぁぁぁ!

「きゅ」(情けない

「ほんとよね。修行しなおしたほうがいいんじゃない?」

「アサシンが背後に立つのはおそろしいんじゃボケぇぇぇ」

「ボケだって…うなちゃんなら間違いないかも」

「きゅ~ェ…」(うなちょェ…

まさか、うなちょが下野してるとはおもわなんだ。というか、なんでさっきの会話知ってるし。

「葵ちゃん経由で駄々漏れです」

「把握」

「さて、家に帰ろうか?葵ちゃんが手ぐすね引いて待ってるってよ?」

「さて、うなぎ村へ行こうかな」

「誰もいないって、今…」

「うなは?」

「川をさかのぼって研修中」

「研修…本当にうなぎなの、あの子達」

「まぁ、間違いなくうなぎよ。それっぽい味するし?」

「食べるなし、村長…」

「流れ着いたときだけよ…それ以来食べてないわ」

「きゅっきゅきゅきゅきゅきゅ~」(さっぱり食べてくれない

「まぁ、今後は食べることは無いと思うよ?」

「きゅうぅぅ…」(食べてぇぇぇ…

「ないない。もう食べないわよ」

「ま、食わないだろうな、こいつは」

「きゅきゅ」(そうだな

のーまるうなと、右うなと、左うなの会話がどこで発言してるのかわからないね、これ。

ちなみに、最後からさかのぼって、左うな、右うな、うなちょ、のーまるうな。

…目をつぶっていたら、さっぱりわからん。


「とりあえず、一度町に出る予定だったし、今日はおじゃまするわよ」

「いらっしゃい、うなちょ。本当に光ってますね」

「あなたのほうが早かったけどね。私のほうが生まれ先のはずなのに」

「その当時は、あぬびすいなかったじゃないですか」

「葵ちゃんがもったらすごそうなGXもなかったしね」

「あまり変わらないかと…葵姉はIntそんなに無いですから」

「まぁ、そこは仕方が無い。ある程度私に合わせたステにしたみたいだし…」

「さすが相方ですね」

そこにシビれる憧れるぅぅぅぅぅぅ…いや、憧れはしないけど。

「何気にひどいこと思ってるわね?」

「ソンナコトナイデスヨー」

「さ、家にいくわよ。葵ちゃんに引き渡さないといけないし」

「それだけは勘弁してくださいマジで」

「あはははは!OKOK、そこのうなちゃん持ってくれたら、とりなしてあげるわ」

「兎奈がうなを持つ、と。紛らわしい」

「両方ともうなちゃんだしね」

「ま、いいですけど」

「きゅ~きゅきゅ!」(よぅ~うな!

「よう、うな!」

自分で呼んでいながら、呼ばれた気がする。実際うなには呼ばれたけどさ。

「今日のご飯は何かしら?」

「みらにゃさんみたいなことを言ってる…」

「あー…元気でやってる?みらにゃさん」

「今家にいますよ?」

「OK、急いで行くわよ」

「はいはい…」


さて、家に帰るか。

私の晩御飯はどうなるかしらね…



~晩~

「うなちょのオーラを祝して…かんぱい」

「「「「「「かんぱ~い」」」」」」(チン

「かんぱぁぁぁぃ」(チ~ン

空のグラスはいい音出すわね。

「って、私の飲み物は?それに皿だけ並んでいるのはなんで!?」

「あなたのご飯…今晩から不要だったはず…違う?」(ニコニコ

「ソウデシタネ、ソウデスヨネ」

うなちょの説得失敗。うな持ち損…

「うなちょが居なかったら…一週間は無しだった」

「増えてるし!?」

私のご飯…かむばぁぁぁぁっく!


「ご飯うまい」  ←右うな

「きゅう~」(うまいねぇ  ←左うな

「葵ちゃんのご飯は世界一ぃぃぃぃぃぃ(ガツガツ」   ←昼間のペコライダー






今見てみたら、3アカウント目全員水上家だった…


┣【RO:ぷれい日記】 | 12:18:26 | Trackback(0) | Comments(0)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。