■プロフィール

うなちょ

Author:うなちょ
うなちょのほんわか日記へようこそ

RagnarokOnlineと、PC版Minecraft++Forge+MODで
遊びつつ、片手間でWindowsのソフト作って遊んでます

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー

■リンク
■RSSフィード
■ブログ内検索

うなちょホットライン

うなちょへ直接連絡したい場合は、こちらから。
うなちょのPCメールへ着信するので、比較的
レスポンス早いかも…?(5分周期でチェック中)
※E-Mailですので、メルアドがある方のみです
※うなちょの携帯に転送する方法は、直接聞いて
  くだし。
無料アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

作成中のアプリ
最近、メモ帳で書いてからBlogに貼り付けるのだが、折り返しは大体同じ辺りに
なる様にしている。
しかし、携帯から見るとズレて、短い1行が発生してしまう。
※長い行は、自動的に右端で折り返しになるから

なんでだろうと思って良く見てみたら、携帯は等幅フォントだったというオチ。
まぁ、ほとんどがPCブラウザから見るのだろうから、折り返しは現状維持だな。


まぁ、どうでも良い事から初めてみた。


最近、UMPCをサブモニタみたいにして、Tweenとか調べ物とかをしている。
自宅にいるとUSBイーサーカードで通信するので、そこそこ早いしね。
無線LANは最近は使ってない。どうも通信速度が安定しないことが判ったから。
そこでふと思いついた。
USBとはいえ、有線ネットワークな訳で…
こっち(UMPC)に普段待機状態にある際、RO画面を見れないものだろうか…と。

いくらHPとはいえ、UMPCで見るともっさりする。
画面チェッカー使っても、SXGAサイズのディスプレイには限界があるし、
正直チェッカーの画面が結構邪魔。

ならば、画面を表示できる位ならば、それを別PCに送れば表示できるんじゃね?
って発想になった。

ROの画面をチェックするアプリを、ノーマル(現状のモード)、クライアント
(ノーマル+指定PCへ画面転送)、サーバー(画面データをもらって表示する)と
3モードで動ける様にして、表示させたらいいよね?
TCP/IPを使うので、データ送信は1回のリクエストでいけるし、送信ヘッダに
画面サイズ、バイト数、等をつけてから画像データを転送。
サーバ側でヘッダを見てBMPバッファを作成、そのまま画像データをメモリ間
コピーすれば、画像が出来上がるので、そのまま表示処理へ送る。
これだけでいけるはず!

…ってことで、改造中。UMPCで。
UMPC側で改造すると、コンパイルの度にSSDにライトするので無駄っぽいが、
駅の待合いとか、外食中とか、暇な時に改造できるので、結構便利。
意外と入力しやすいキーボードなので、比較的楽だし、表示画面もズームボタン
1つで切り替わるので、待合室みたいに動かない場所なら通常画面、電車の中
ならばズームで125%表示に。
自宅にいる際も、あぐらをかいた足の上において入力するので、ズーム。
画面が離れてて、通常モードだと字が見えないのだ!
大抵自宅での入力は夜だし、夜になると目が疲れてて、細かい字が見えない
のですよ!

あーあ、おっさんになったなぁ…


げふん。
まぁ、さすがにUMPC側がUSB接続のネットワークなので、最大100Mbpsとなる。
そうなると、さすがにクライアント側で常に送信ができるという保障はない
から、間引きになるんだろうな。
送信中に画面キャプチャが走ったらまだ送信中ということで、新たに送信は
しない様にロックさせるので、サーバ側は間引きになるという仕掛け。
本当は、UMPC純正のI/Oポートに繋ぐネットワークコネクタを使えば1Gbpsで
通信できるのだが、そもそも画面を見たいというだけで、リアルタイム性は
重視しないので、現状この状態でいくことに。
画面キャプチャをサーバ側でやりたいとなったら、リアルタイム性が必要
なので、TCP/IPをUDP/IPに変えてデータ抜け無視、とか、根底から変更しな
いといけないので、現状はサポート未定。
どうせ自分だけしかつかわねーしね!はっはっはー!


このアプリ、取り込み側はWindows7のAeroON状態、かつROがウィンドウ
モードでないと使えない。
サーバ側は別にXPだろうがVistaだろうが、その気になったらWin2kでもいける
かもしれない。
キャプチャ側がWin7Aero限定なのは、ウィンドウの画像データ保持の問題。
AeroOFFだと、表にいるウィンドウの画像が、ROウィンドウの画像データに
上書きされてしまうことが判っている。このため、裏画面で画像を更新
させたいとなると、AeroをONにしないとだめらしい。
VistaのAeroがこれに対応するかは判らん。ただ、Vistaを使ってみたいとは
思わないので、別にいっか…(ぉ
また、ROが動いているPCはメインPCであるため、CPUパワーはあまりまくり。
ROが動いてても、CPUは普段全コアが20%程度しか動いてないので、キャプチャ
&送信は意外と普通に動かせそう。
問題は受信側だなぁ。
Atomがどこまで追従できるか、楽しみだな。


資料1)アプリの構成

うな→メインPCで何かごそごそ
   ↓
  裏画面RO→定期的に画像ゲット→キャプチャアプリ
                            ↓
             1Gbps/100Mbps混在有線ネットワーク(LAN)
                            ↓
うなチェック←UMPC画面←受信完了で画像化←受信処理


まぁ、これで少しはUMPCのサブモニタが進化するなぁ。
どうせなら、メインPCにもう1つデスクトップを作って、単なる端末として
UMPCを使えるようになると便利なんだがなぁ。
デスクトップの入力は1つしかアクティブにできないからなー。
(Windowsでは、キーボードやマウスの入力をどのデスクトップに対して
入力するのかを設定できるが、1つだけになる)


|ω゚)ノ 久々にネット(LAN)を使ったPC連動ソフトだ!大型改造だ!w

┗【作ってみた(?)】 | 03:57:06 | Trackback(0) | Comments(0)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。